子供が好きな人に最適な保育士のお仕事【資格を取ればすぐに働ける】

子供たち

子どもと接する仕事です

幼稚園教諭になるためには、大学や専門学校で教職課程を学ぶ必要があります。「認定子ども園」への移行のため、特例措置が設けられているので、保育士資格から幼稚園教諭を目指す方にとってはチャンスの時期とも言えます。

子供と関わる職業

保育士

少子化の影響を受けて、子どもの教育環境は大きな変化を遂げています。保育園や幼稚園の統廃合が相次いでいて、それに代わって認定子ども園が急増しています。保育園と幼稚園の特徴をあわせ持つ認定子ども園には、多くの子ども達が通うようになりました。ただ、ここで問題になるのが保育士の大幅な不足ではないでしょうか。官民問わずに、早朝や延長保育を実施しているところが増えました。それに伴って、保育士の数が足りなくなっています。パート求人も増えていて、有資格者の必要性が高まっています。60歳以上の有資格者が求められていて、再雇用を希望する方にとってはチャンスと言えます。メインの仕事を持っていて、保育士の仕事と掛け持ちをするケースもあるようです。

これだけ認定子ども園が普及すると、求職者の立場になると大変です。従来は保育士の資格だけでOKだったものが、今度は幼稚園教諭の資格が必要になります。両方の資格を持っていることが、新規の採用や転職に結び付きます。保育士の資格の場合は、一度取得すると生涯有効になります。結婚や出産で職場を離れてしまっても、いつでも保育の現場に戻ることができます。男性の進出も増えていますし、狙い目の資格と言えます。向いている人材としては、子どもの目線で教育が可能な方とされています。激務であることに加えて、子どもの命を預かる責任の強い仕事です。誇りと自覚を持つことが、一流の保育士になれる条件です。また、保育士を目指すのであれば、大学や専門学校などに通って必要な資格を取得する必要があります。しかし、大学や専門学校といっても数が多いためどこを選べばよいかと悩む人も多いです。そのような場合は、口コミサイトやポータルサイトなどを活用して探すことが可能です。また、大学や専門学校などでは、オープンキャンパスや文化祭といった行事などもあるため、参加して学校の雰囲気を確かめることができます。自分に合った学校を見つけて、保育士になるための資格を取得しましょう。

レディ

子供相手の仕事ができます

これから需要が高まる資格となっている保育士ですが、大学で学ぶことによって、時間をかけて勉強をすることができます。また保育士の他にもチャイルドケアなどの資格も勉強して取ることも時間的に可能なので、スキルアップをすることができます。

勉強

キャリア形成の第一歩

仕事で役立つ資格の取得には、一度取得すると更新がないものだけでなく、数年に一度は更新が必要なものもあります。また、仕事によっては資格を取得していなければ、職務ができないものも存在します。そのため、取得を検討する際には、資格の特徴を把握した上で目指すようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加