子どもと接する仕事です|子供が好きな人に最適な保育士のお仕事【資格を取ればすぐに働ける】

子供が好きな人に最適な保育士のお仕事【資格を取ればすぐに働ける】

子どもと接する仕事です

子供たち

幼稚園の先生になる方法

子どもと関わる仕事がしたいと思う方に人気なのが、幼稚園教諭という仕事です。幼稚園にやってくる子供たちの世話をして、その教育に携わる責任のある仕事です。就学前の基本的な生活習慣や、人間関係、学習の基礎を教える仕事でもあります。まだまだ人選経験が浅い子供たちを相手にする仕事だからこそ、幅広い分野の知識が必要となります。幼稚園教諭として活躍するためには、幼稚園教諭免許状が必要となります。こちらは、大学や短期大学で教職課程を学び、必要な単位を取得した上で資格を取得する方が多いです。四年制大学を卒業することで得られる「1種免許状」、短期大学や専門学校の場合は「2種免許状」、さらに大学院修士課程や専攻科で学ぶことで得られる「専修免許状」など、免許状にも様々な種類があり、それによって給料の金額が異なる可能性もありますから、注意が必要です。

特例の制度があります

またこれ以外にも、幼稚園教諭を目指す道は存在します。特に昼間仕事をしている社会人の方にお勧めなのが、こちらの方法です。近年は、これまで別々の管轄とされてきた「保育」と「幼児教育の分野」を統合しようと、「認定子ども園」も増えてきています。スムーズな移行を促すためには、保育と幼児教育の両方に通じた専門家の存在が欠かせません。そこで、保育士資格を持っていて、施設での実際の勤務時間が所定時間を超えている方の場合、特例措置が設けられています。大学にて決められた8単位を取得し、試験に合格することができれば、幼稚園教諭免許状を手にすることが可能となっています。期間限定の特例措置ですが、幼稚園教諭を目指す方にとってはチャンスとなります。大学に行っていない場合でも条件を満たせばよいですから、挑戦してみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加